HOME>SCHEDULE>DETAIL


Hiraku Yamamoto (Nabowa)

tsukimiは2月から主催ライブを定期的に開催します。 まずは2/1にナボワのバイオリニスト、山本啓さんのソロライブを開催します。 クラシカルかつ、現代的な美しい景色を感じていただけるはずです。

Hiraku Yamamoto (Nabowa

Hiraku Yamamoto (Nabowa)
山本啓 (やまもと ひらく)

インストバンドNabowaのメンバーとして数々の作品を発表。
FUJI ROCK、朝霧JAM、ARABAKIをはじめとする大型フェスやライブハウスを中心に国内外でライブを行い、またクラシック以外の要素を表現できる珍しいタイプのバイオリニストとしてジャンルを問わず沢山のアーティストの作品に参加。
また企業のCM音楽やNHKドキュメンタリー番組のBGMなどを制作する作曲家でもある。
ループやエフェクトを駆使したソロライブも全国各地で高評価を得る。 自身のプライベートスタジオ「THE GATE」で日々研究を重ねる。


月を磨く vol.1
Hiraku Yamamoto (Nabowa) solo LIVE

2019/02/01(Fri)@ tsukimi(ツキミ) [熊本市中央区南千反畑町1-3 満月ビル2F]
■開場 19:00 / 開演 20:00 / 終演予定 21:30
■料金 前売 3,000円 / 当日 3,500円 (学生証提示で500円キャッシュバック / 別途1ドリンクオーダー / 着席・スタンディング )
■プレイリスト : Hiraku Fujikawa(PEOPLE)/ chi---(stylus! / SHIPS)
■前売りチケット取扱 : 蔦屋書店熊本三年坂店 他
ライブポケット[クレジットカード/コンビニ決済/携帯キャリア決済での購入が可能です]
■お問い合わせ : [LONGSIXBRIDGE.]

*月を磨く
言葉の意味通り、"月光を浴びて、景色がいっそう美しく見える" そう感じて頂ける音楽の時間をtsukimiはご提案していきます。
次回はJAZZピアニスト、伊藤志宏をゲストにお迎えします。

*プレイリスト : tsukimiが信頼する音楽フリークに開演前後の選曲をお願いしました。
今回は熊本のセンス溢れるセレクトショップ、PEOPLEオーナーでありDJとしても熊本のフロアを盛り上げる藤川啓氏と SHIPS熊本のスタッフでオーガナイズチームstylus!のメンバーであるchi---氏に担当していただきます。お楽しみに。


ご予約はこちらからどうぞ。

Michael Kaneko

2/2(土)には前回のライブが最高すぎたMichael Kanekoをお呼びして開催します。
2017年リリース楽曲においてSpotify でもっとも再生された日本人アーティスト"AmPm"のゲストボーカリストとして世界中から注目を浴びるマイケル、前回のライブでのメロウなボーカル、ナチュラルなキャラクターは会場中を最高に幸せな気分にさせてくれました。
2019年はマイケルにとって大きく飛躍の年になるかもしれません。
ぜひ、このタイミングで見ていただくことをオススメします。

Michael Kaneko

Michael Kaneko
湘南生まれ、南カリフォルニア育ちの日本人シンガーソングライター。
ウィスパーながらも芯のあるシルキーヴォイスが話題となり、デビュー前にもかかわらずその声は5,000万人に届くことに。
2017年『Westbound EP』をリリース、活躍の場を世界規模で広げている。


月に吠える vol.1
Michael Kaneko SOLO LIVE

-月に吠える-
tsukimiからの帰り道、思わず "月に吠えたくなる" 、そんな音楽をこのシリーズで紹介させていただきます。


2019/02/02(sat)@ tsukimi(ツキミ) [熊本市中央区南千反畑町1-3 満月ビル2F]
■開場 19:00 / 開演 20:00 / 終演予定 21:30
■料金 前売 3,000円 / 当日 3,500円 (別途1ドリンクオーダー/着席・スタンディング )
■プレイリスト : 東田トモヒロ
■前売りチケット取扱 : 蔦屋書店熊本三年坂店 他
ライブポケット[クレジットカード/コンビニ決済/携帯キャリア決済での購入が可能です]
■お問い合わせ : [LONGSIXBRIDGE.]

*プレイリスト : tsukimiが信頼する音楽フリークに開演前後の選曲をお願いしました。そして今回のプレイリストは熊本在住のシンガーソングライター、東田トモヒロです。こちらもお楽しみに!


ご予約はこちらからどうぞ。

Kitri

ピアノ連弾ユニット『Kitri』2019年1月、1st EP「Primo」(プリモ) でCDデビューと共に熊本でのライブが決定!

Kitriが 尊敬する作曲家でありアーティスト、大橋トリオにより見出され、大橋トリオのプローデュースによる作品が完成。
大橋はKitriに関して『彼女たちの世界観の中の住人になりたいです僕は。 これは是非聴いてほしい!』と絶賛。
リード曲「羅針鳥」(らしんどり) は本人によるピアノ、シンガーソングライターであり大橋トリオのドラムを担当する 神谷洵平 (赤い靴)が編曲で参加。METAFIVEのメンバー、YMOのサポートメンバーでもある ゴンドウトモヒコがユーフォニアム、 フリューゲルホルンで参加。その他、Kitriの本領であるピアノ連弾による作品、全5曲の収録予定。 Kitriは、京都出身の姉妹の2人からなるユニットで、姉のモナ(自画像 左)は作詞作曲、歌、ピアノ Secondo(低音部)を 担当。妹のヒナ(右)は ピアノ Primo(高音部)のほか、ギター、パーカッション、コーラスを担当。 それぞれが幼い頃よりクラシックピアノを学び、大学では作曲専攻。時に繊細で、時にパワフル。 自在に操るピアノタッチと二人が奏でるハーモニーで、聴き手を優しく"Kitriワールド"へいざない魅了する。
9月には池上本門寺(東京)で行われた第15回目になる音楽フェス「Slow LIVE'18in 池上本門寺」ではイベントオープニングアクトに抜擢され、 その堂々たるパフォーマンスが各方面から評価を得る。来年2019年1リリース記念初ツアー Kitri Debut Live Tour 2018「キトリの音楽会#1」 も予定。彼女たちの魅力は音楽にとどまらず、動画や自画像など自身で発信するクリエイティブもまたKitriの魅力とも言える。

伝説のレーベルBETTER DAYS よりリリース!

デビューレーベルである「BETTER DAYS」レーベルは、1979年日本コロムビアに発足、 坂本龍一、デビューアルバム「千のナイフ」を リリースし渡辺香津美やKYLYN BAND, マライア、清水靖晃、COLORD MUSIC、坂田明 などのちに音楽会に多大な影響を与える存在を多く輩 出している伝説的レーベル。2018年 40年の時を経て再始動。 5月には 高橋幸宏と鈴木慶一のユニット「THE BEATNIKS」や「Sweet Robots Against The Machine」(テイ・トウワ、バカリズム、砂原良徳)、大貫妙子、小坂忠、高橋幸宏 の新作など、話題のリリースが続いている。 Kitriは、同レーベルの約30年振りの新人としてデビューを迎える。

Kitri

Kitri
幼い頃よりクラシックピアノを習い始め大学では作曲を専攻。2015年~京都を拠点に、姉妹ユニット「キトリイフ」として音楽活動を開始。
2016年ライブで京都を訪れていた大橋トリオの手に自主制作盤が渡り、その音源を聴いた大橋が絶賛。大橋が手掛ていた、映画「PとJK」 (廣木隆一監督、亀梨和也・土屋太鳳主演)の劇伴音楽に、テーマ曲のボーカルとハミングで参加する。2017年、過去の音源を大橋トリオプロ デュースにより再録音して、ユニット名「Kitri」として、パイロット盤「Opus 0」が完成する。試験的にストリーミング配信をしたところ 反響を呼び、自主音源にして ラジオのパワープレイや出演スタジオ演奏披露などを行う。


Kitri
Debut Live Tour 2019
「キトリの音楽会#1」

2019/2/3(sun)at tsukimi(ツキミ) [熊本市中央区南千反畑町1-3 満月ビル2F]
■開場 16:00 開演 17:00
■料金 前売 3000円 / 当日 3500円(別途1ドリンクオーダー / 着席・スタンディング )

■前売りチケット取扱 : 蔦屋書店熊本三年坂店 他
ライブポケット[クレジットカード/コンビニ決済/携帯キャリア決済での購入が可能です]
■お問い合わせ : [LONGSIXBRIDGE.]

ご予約はこちらからどうぞ。

GLIDERS(東田トモヒロ 小沼ようすけ)

 GLIDERS(東田トモヒロ 小沼ようすけ)

GLIDERS(東田トモヒロ 小沼ようすけ)
サーフロック、オーガニックミュージックのシーンを牽引し続ける孤高のシンガーソングライター 東田トモヒロと、 ワールドワイドに活躍し常に新しい音に挑戦し続ける日本のトップジャズギタリストの一人に数えられる小沼ようすけによるユニット。
二人を繋ぐキーワードは "Music and Surfing"。
ライブやプライベートセッション、旅を重ねた彼らが満を持して放つ極上の音色は聴く人の心に深く染み渡る。


GLIDERS(東田トモヒロ 小沼ようすけ)
LIVE TOUR 2019「BE-IN」熊本

2019/3/2(sat)at tsukimi(ツキミ) [熊本市中央区南千反畑町1-3 満月ビル2F]
■開場 19:00 開演 20:00
■料金 前売 3500円 / 当日 4000円
( 学生証提示で500円キャッシュバック / 別途1ドリンクオーダー / 着席・スタンディング / 未就学児童 : 保護者膝上での観覧は無料 )
■前売りチケット取扱 : 蔦屋書店熊本三年坂店、works他
ライブポケット[クレジットカード/コンビニ決済/携帯キャリア決済での購入が可能です]
■お問い合わせ : [tsukimi]096-227-6593

ご予約はこちらからどうぞ。

ピーター・バラカン

日本が誇るブロードキャスター、音楽愛好家としても知られるピーター・バラカン氏の「出前DJ」トークショー!
今回の出前DJのテーマは「黒人音楽の変遷」。
バラカン氏が監修をおこなった絵本「リズムがみえる」を元に16世紀のアフリカ音楽から始まり、奴隷歌、ブルーズ〜現代のヒップホップまで、各時代の楽曲を聴きながら黒人音楽の変遷を映像も交え辿る。

ピーター・バラカン

ピーター・バラカン
1951年ロンドン生まれ。
ロンドン大学日本語学科を卒業後、1974年に音楽出版社の著作権業務に就くため来日。
現在フリーのブロードキャスターとして活動、「バラカン・ビート」(インターFM)、「ウィークエンド・サンシャイン」(NHK-FM)、「ライフスタイル・ミュージアム」(東京FM)、「ジャパノロジー・プラス」(NHK BS1)などを担当。 著書に『ロックの英詞を読む〜世界を変える歌』(集英社インターナショナル)、『ラジオのこちら側』(岩波新書)『わが青春のサウンドトラック』(光文社文庫)、『ピーター・バラカン音楽日記』(集英社インターナショナル)、『猿はマンキ、お金はマ ニ』(NHK出版)、『魂(ソウル)のゆくえ』(アルテスパブリッシング)、『ロックの英詞を読む』(集英社インターナショナル)、『ぼくが愛するロック 名盤240』(講談社+α文庫)、『200CD ブラック・ミュージック』(学研)などがある。


ピーター・バラカン
出前DJ in 熊本 ~黒人音楽の変遷~

2019/03/08(Fri)@ tsukimi(ツキミ) [熊本市中央区南千反畑町1-3 満月ビル2F]
■開場 19:00 / 開演 20:00
■料金 前売 3,000円 / 当日 3,500円
( 学生証提示で500円キャッシュバック / 別途1ドリンクオーダー / 着席・スタンディング / 未就学児童 : 保護者膝上での観覧は無料 )
■前売りチケット取扱 : tsukimi / 蔦屋書店熊本三年坂店 他
ライブポケット[クレジットカード/コンビニ決済/携帯キャリア決済での購入が可能です]
■お問い合わせ : [tsukimi]096-227-6593

ご予約はこちらからどうぞ。

伊藤志宏

伊藤志宏

伊藤志宏
1977年8月28日生まれ
東京出身 ちなみに乙女座A型
五歳の頃より祖父の岸川基彦にクラッシックピアノを師事する
14歳のとき東京交響楽団とベートーベンピアノコンチェルト三番を共演
好評を博す
慶応義塾経済学部入学後セロニアスモンクのソロピアノのCDを聞いて 「ジャズもいいかも」 と思い独学で始め音楽理論も同時に一人で学ぶ
23歳くらいからいつの間にかライブを始めるようになりプロ活動を開始
Shima&Shikou DUOではインストduoでは初の出演を果たし 計4枚のアルバムを発表
特にドラム、ベースのいない変則形態における演奏には定評がある
今現在、ソロピアノ、トリオシンクレティア、3 cello varistion、audace、など 多様な編成での独自の活動を模索中
また沢山の歌手から伴奏者、アレンジャーとして信頼を寄せられ演奏以外に映画音楽の作曲なども手がけている


月を磨く vol.2
伊藤志宏 solo LIVE

2019/03/31(sun)@ tsukimi(ツキミ) [熊本市中央区南千反畑町1-3 満月ビル2F]
■開場 19:00 / 開演 20:00 / 終演予定 21:30
■料金 前売 3,000円 / 当日 3,500円
(学生証提示で500円キャッシュバック / 別途1ドリンクオーダー / 着席・スタンディング / 未就学児童 : 保護者膝上での観覧は無料 )
■前売りチケット取扱 : tsukimi / 蔦屋書店熊本三年坂店 他
ライブポケット[クレジットカード/コンビニ決済/携帯キャリア決済での購入が可能です]
■お問い合わせ : [tsukimi]096-227-6593

ご予約はこちらからどうぞ。



*これまでのイベントはコチラ