HOME>SCHEDULE>DETAIL


Kan Sano

Kan Sano

Kan Sano
キーボーディスト/トラックメイカー/プロデューサー。
バークリー音楽大学ピアノ専攻ジャズ作曲科卒業。在学中には自らのバンドでMonterey Jazz Festivalなどに出演。
キーボーディスト、プロデューサーとしてChara、UA、大橋トリオ、RHYMESTER、Madlib、Shing02、いであやか、青葉市子、藤原さくら、Seiho、韻シスト、Nao Yoshioka、Ovall、mabanua、須永辰緒、七尾旅人、Monday Michiru、羊毛とおはな、佐藤竹善、片平里菜、Hanah Spring、COMA-CHI、Twigy、アンミカ、Monica、ゲントウキ、Eric Lauなどのライブやレコーディングに参加。

また新世代のビートメイカー、プロデューサーとして国内外のコンピレーションに多数参加する他、LION、カルピス、CASIO、NTT、ジョンソン、日本管理センターのCMやJ-WAVEのジングル、AnyTokyo 2015の会場音楽など各所に楽曲を提供。

さらにSoundCloud上でコンスタントに発表しているリミックス作品やオリジナル楽曲がネット上で大きな話題を生み、累計40万再生を記録。
また、トラックメイカーとしてビートミュージックシーンを牽引する存在である一方、ピアノ一本での即興演奏でもジャズとクラシックを融合したような独自のスタイルで全国のホールやクラブ、ライブハウスで活動中。 2011年『Fantastic Farewell』(CIRCULATIONS)をリリースしデビュー。
2012年、Bennetrhodes 名義のアルバム『Sun Ya』を Wax Poetics Japan からリリースしクラブシーンで大きな話題となる。
また、mabanuaバンド他、数々の現場でキーボードを弾き、その個性溢れるフレーズでサポートながらオーディエンスに深い印象を残す。
2013年、ジャズ・レーベルBLUE NOTE創立75周年を記念したプロジェクト"松浦俊夫 presents HEX"のキーボーディストとしてBLUE NOTE (ユニバーサル・ミュージック)よりデビュー。ジャイルス・ピーターソン他世界中のDJから賞賛を浴びる。
2014年、Benny Sings、Monday Michiru、Marter、長谷川健一、mabanuaら国内外のアーティストを迎えた2ndアルバム『2.0.1.1.』をリリース、オリコンセールスチャートにランクイン。
韓国、台湾のレーベルディールも決定し、同国で大きく展開。 リード曲「Here and Now feat. Monday Michiru」は全国ラジオ14局でパワープレイを獲得 (同月リリースではアリアナグランデに続き3位を記録)、J-WAVEで15位まで上昇、またフジテレビ「テラスハウス」の挿入歌として起用されサントラにも収録。
また、アルバムの好セールスを受けSunSet Live、GREENROOM CAMP、中州JAZZなど全国のフェスに出演。
さらにHEX名義ではヨーロッパツアーを成功させ、フランスでおこなわれたジャイルスピーターソン主宰のWorld Wide Festivalでは数千人のオーディエンスを湧かせた。
2015年、朝霧JAMに出演。ドラムとピアノのみで4,000人近いオーディエンスを唸らせる。
また、ネットラジオ「JJAZZ.net」でレギュラー番組「JAZZ CAN」をスタート、初メインMCに挑戦。さらに新進気鋭の劇作家 藤田貴大が脚本・演出を手掛ける「マームとジプシー」に演奏のみならずセリフありの役で登場するなど活躍の幅を大きく広げる。2015年に活躍したクリエイター27名と共に雑誌「サウンド&レコーディング・マガジン」の表紙に登場、愛用のヘッドホンを紹介。
2016年、FUJI ROCK FESTIVAL、RISING SUN ROCK FESTIVAL、 ジャイルス・ピーターソン主催 World Wide Festival (フランス)に出演。 新曲「C'est la vie feat. 七尾旅人」を 7inchで発売、発売直後に早くも希少アイテムとなっている。
また七尾旅人に加え、Maylee Todd、Michael Kaneko、島村智才を迎え、自身のボーカル曲も多数収録した 3rdアルバム『k is s』を発売。

2017年、3年振りの全国ツアー "Magical kiss tour 2017" を敢行。 "Kan Sano" の名は、様々なシーンに破竹の勢いで浸透中!

(公式サイトはこちら)


Kan Sano
~Magical kiss tour 2017~
熊本公演
[LIVE] : Kan Sano (Keyboards, Vocal, laptop) / 今村慎太郎

2017.03.26(sun) at Navaro[熊本市中央区南坪井町10-1 BF]
■DJ:KIYOTA(Doit Science )/ Odate / HIGE / araking / MIYAGAWA / 他 ■開場 : 19:00 開演 : 21:00
■料金 : 前売 2500円 / 当日3000円
(要ワンドリンクオーダー/オールスタンディング)
■前売りチケット取扱 : NAVARO / 蔦屋書店熊本三年坂チケットカウンター 他
■お問い合わせ : [NAVARO] 096-352-1200

ご予約はこちらからどうぞ。

中村佳穂

中村佳穂

中村佳穂(Nakamura Kaho)
1992.5.26/京都/日本/ピアノ弾き語り
『手は生き物、声は祈り。』
2012年活動開始。
彼女はピアノ一台、マイク一本、舞台上の空気を巻き込んで"一曲"として歌う事ができる。
それはある種変化する生き物のようであり、遊びのようであり、祈りに見える。そのプレイスタイルは、噂になり噂が舞台を呼び、舞台が噂を呼び、現在各地で旅を続ける理由となっている。
フジロックフェスティバル'16出演。
大学に卒業と同時に活動4年間のまとめと称し、2016年7月に初の流通版1st album『リピー塔がたつ』発売。様々なミュージシャンが彼女の門出を支える異例の作品となっている。
2017年3月廃盤1st single「どこまで」のアナログ発売決定。カップリングにgroup_inou imaiによるRemix 収録予定。
彼女は歌は出会った全ての人から。出会った人全てへ向けて。
会ってからのお楽しみ。

(公式サイトはこちら)


acoustics thought
1st Anniversary Special Live
中村佳穂

2017.04.01(sat) at acoustics thought [熊本市中央区南坪井町3-18]
■開場 : 18:00 開演 : 19:00
■料金 : 前売 2500円 / 当日3000円
(別途1ドリンク・オーダー、全席自由/スタンディングあり)
■前売りチケット取扱 : acoustics thought / acoustics / acoustics stylus / 蔦屋書店熊本三年坂チケットカウンター 他
■お問い合わせ : [acoustics thought]096-233-5129

ご予約はこちらからどうぞ。

DJ KAWASAKI

DJ KAWASAKI

DJ KAWASAKI
DJ/リミキサー/サウンド・プロデューサー/作曲家。
2005年に、NYのDJ、Timmy Regisfordが当時デモ・ヴァージョンであった「BLAZIN'」を一晩に3回もかけた事から脚光を浴びる。
同年、King Streetより12インチ・シングルで世界デビュー。
国内ではKyoto Jazz Massiveの沖野修也プロデュースの元、コロムビアより2006年元旦メジャー・デビュー。
サウンド・プロデュースを担当した楽曲、沖野修也の「SHINE」が、ヨーロッパで大きな成功を収めているハウス・レーベル、Defectedからリリースされ注目を集めた。これまでリリースしたシングルが、iTunesダンス・チャートにて通算8曲連続でNo.1を獲得。
Remixを手掛けたRoland AppelのDark SoldierがデトロイトのDJ 3000、ドイツのDJ Hellにプレイされ、アルバム『PARDISE』に収録されたGalactic LoveがJoe ClausellやKarizmaがスピンするなど国際的にも高い評価を得ている。
また、これまでフィーチャリングして来たボーカリストには、Paul Randolph、Lady Alma、N'Dea Davenport、Tasita D'Mour、Gordon Chambers、Shea Soul、Fyza、Jonathan Backelieといった錚々たる面子が名を連ねている。
2013年5月、キャリア初のコンプリート・ベスト盤『NAKED ~ DJ KAWASAKI Complete Best 』(Universal Music LLC)をリリース。
iTunesダンス・アルバム・チャート 1位、総合アルバム・チャート3位獲得。2015年6月に『TIMELESS mixed by DJ KAWASAKI』をリリース。
iTunesダンス・アルバム・チャートにて第1位を獲得。現在、ホームグラウンドのThe Room(渋谷)では社長(SOIL& "PIMP" SESSIONS)と共催の月例パーティー"MAGNETiC"のレジデントDJを務めている(毎月第二土曜開催)。block.fm「FEEl THE MAGiC」の番組ナビゲーターを担当中(毎月第1火曜日)↓エディットバージョン DJ/リミキサー/サウンド・プロデューサー/作曲家。
2005年に、King Streetより12インチ・シングルで世界デビュー。これまでリリースしたシングルが、iTunesダンス・チャートにて通算8曲連続でNo.1を獲得。
ホームグラウンドのThe Room(渋谷)では社長(SOIL& "PIMP" SESSIONS)と共催の月例パーティー"MAGNETiC"のレジデントDJを務めている(毎月第二土曜開催)。block.fm「FEEl THE MAGiC」の番組ナビゲーターを担当中(毎月第1火曜日)

(公式サイトはこちら)

沖野好洋

沖野好洋(Kyoto Jazz Massive/Especial Records)
兄:沖野修也とのプロジェクトKyoto Jazz MassiveのDJ/トラックメーカー。
大阪南船場にShopも構える国内最重要クロスオーヴァー・レーベルEspecial Records主宰。
2002年にリリースされたKyoto Jazz Massiveのファースト・アルバム『Spirit Of The Sun』以降、数多くのリミックス/プロデュース・ワーク/コンピレーションの選曲等を手掛けて来た日本のジャズ/クロスオーヴァー・シーンの重要人物。
DJとしても海外100都市以上でプレイ、KJM Live Bandでも国内はもちろんヨーロッパやアジア等のフェスにも出演。
現在大阪で行われているイベント"Freedom Time"、東京渋谷のThe Roomでの"Especial Records Session"等のレギュラーナイトを始め国内外各地でプレイ。

(公式サイトはこちら)


RESTART
ゲストDJ:沖野好洋、DJ KAWASAKI

2017.04.15(sat) at 三年坂モリコーネ[熊本県熊本市中央区安政町1-2]
■サポートDJ:BAFFALO LOVE (TAKECI,SEI) , YUKI(MOSAIC) , TERRA(FAITH MUSIC) , HIGE&SAi(DAY DREAMING)
■開演 : 21:30〜
■料金 : 前売 3000円 / 当日 3500円
(要ワンドリンクオーダー/オールスタンディング)
■前売りチケット取扱 : 三年坂モリコーネ / 蔦屋書店熊本三年坂チケットカウンター 他
■お問い合わせ : [三年坂モリコーネ] 096-212-9893

ご予約はこちらからどうぞ。

踊ろうマチルダ

踊ろうマチルダ

踊ろうマチルダ
ツルベノブヒロのソロ・プロジェクト。
アーティストネームは、オーストラリアの古い歌「Waltzing Matilda」が由来。
マチルダは荷物の意。
「マチルダ(荷物)と踊る」というのは「放浪の旅をする」といった意味を指す。

(公式サイトはこちら)


踊ろうマチルダ
熊本LIVE

2017.04.20(thu) at Sazae[熊本市中央区南坪井町3‐7宮野ビル2F]
■開場 : 19:00 開演 : 20:00
■料金 : 前売 2000円 / 当日 2500円
(要ワンドリンクオーダー)
■前売りチケット取扱 : Sazae / 蔦屋書店熊本三年坂チケットカウンター 他
■お問い合わせ : [Sazae] 096-223-5701

※震災のお見舞いを含め、通常よりチケット代金を低めに設定しております。
※弾き語りワンマンライブ(2ステージ)です。
※サポートDJあり。
※小学生以下無料

ご予約はこちらからどうぞ。

東田トモヒロ

東田トモヒロ

東田トモヒロ
1972年熊本生まれ熊本在住。サーフィンとスノーボーディングをこよなく愛するシンガーソングライター。
2003年のデビュー以来、『LOVE&FREE』をメッセージし続ける永遠の旅人。
その持ち味でもあるエネルギーに満ちた一体感溢れるライブで、これまでに大小問わず数多くの音楽フェスティバルに出演し、ピースフルな空間を作り出して来た。
自然に寄り添った暮らしや旅の中から紡ぎ出されるメロディーとメッセージは、全国各地の多くのファンを魅了し、長く愛され続けている。
2016年夏には通算13作目となるアルバム「naturally」をリリース。
また、福島県南相馬よつば保育園の子どもたちに熊本から季節の野菜や果物・穀物などを届けるプロジェクト、『chenge the world』の代表を務める。

(公式サイトはこちら)


東田トモヒロ TRIO LIVE at 熊本 CIB
メンバー : 沼澤尚(Dr) / 時川大輔(Ba)

2017/04/22(sat) at Restaurant Bar CIB[熊本市中央区花畑町11-14 KOHENビル2F]
■開場 : 18:00 開演 : 19:30
■料金 : 前売 3000円 / 当日 3500円
(要ワンドリンクオーダー)
■前売りチケット取扱 : Restaurant Bar CIB / 蔦屋書店熊本三年坂チケットカウンター / THE DAY CAFE / The Breakers Surf 他
■お問い合わせ : [Restaurant Bar CIB] 096-355-1001

ご予約はこちらからどうぞ。

おお雨(おおはた雄一×坂本美雨)

おお雨(おおはた雄一×坂本美雨)

おお雨(おおはた雄一×坂本美雨)
音楽活動に加え、舞台出演、TOKYO FMの全国ネットの番組「ディアフレンズ」のパーソナリティや、執筆、翻訳など、創作の幅を拡げている、坂本美雨。
ブルースやフォークをルーツとするシンガー/ソングライターで、自身のアルバム制作に加え、映画音楽、楽曲提供など多彩に活動する、おおはた雄一。
二人が共演を重ねるうちに、自然とユニットのように息が合い、2006年頃、それぞれ名前の文字からとって「おお雨」と命名。
FUJIROCK FESTIVALやSUMMER SONICなど、各地でのライヴを中心に活動中。
そして「おお雨」という名前で出演する野外フェスはことごとく晴れる! という都市伝説も流れている。


いっしょに逃げてもいいのかな?
おお雨(おおはた雄一×坂本美雨)SPECIAL LIVE

2017/04/23(sun) at 蔦屋書店熊本三年坂店地下フリースペース(地下モリコーネ前)[熊本県熊本市中央区安政町1−2]
■開場 : 19:00 開演 : 20:00
■料金 : 前売 3500円 / 当日 4000円
(別途1ドリンクオーダー/ 自由席*一部スタンディングの場合あり)
■前売りチケット取扱 : 蔦屋書店熊本三年坂チケットカウンター 他
■お問い合わせ : [蔦屋書店熊本三年坂] 096-212-9891

ご予約はこちらからどうぞ。

ダスティン・ウォング&嶺川貴子

ダスティン・ウォング&嶺川貴子

ダスティン・ウォング&嶺川貴子
2011年の夏、ダスティンのライヴを観に行った嶺川と、元々彼女のファンであったダスティンが知り合う。
この出会いをきっかけに交流が始まった両者は、音楽や宇宙、神話談義で盛りあがり、セッションを重ねていき、コラボレーションへと派生していった。
2013年に1stアルバム『TOROPICAL CIRCLE』をリリース、同年夏にはFUJI ROCK FESTIVALにも出演。
2014年には2ndアルバム『SAVAGE IMAGINATION』をリリースし、1ヶ月に及ぶ北米ツアーを行い、2015年には中国12都市をまわるツアーを果たすなど、お互いのソロと平行しつつ、精力的に活動を展開。
ダスティンのギターと嶺川のサンプラーキーボードの間に1本のマイクをシェアし、リアルタイムでサウンドを構築していくパフォーマンスは、生まれたばかりのアメーバのように変化し続けている。
また、音だけにとどまらず、絵や映像も二人で共作しており、作品のジャケットやMVなども自らが手がけている。
2017年4月5日に約3年振りとなる3rdアルバム『Are Euphoria』をリリース。

(公式サイトはこちら)


ダスティン・ウォング&嶺川貴子
『Are Euphoria』ツアー
supported by Art Blakey

2017.04.26(wed) at Navaro[熊本市中央区南坪井町10-1 BF]
■開場 : 19:00 開演 : 20:00
■料金 : 前売 3000円 / 当日 3500円
(要ワンドリンクオーダー/オールスタンディング)
■前売りチケット取扱 : Navaro / 蔦屋書店熊本三年坂チケットカウンター 他
■お問い合わせ : [Navaro] 096-352-1200

ご予約はこちらからどうぞ。

TRI4TH

TRI4TH

TRI4TH
2006 年より活動を開始。2009 年 3 月に、須永辰緒主宰レーベル"DISC MINOR"からアナログシングル「TRI4TH plus EP」でデビュー。
以降「Club Jazz Digs Lupin The 3rd 」「NOT JAZZ!! BUT PE'Z!!! 」他、多数のコンピレーシ ョン及びトリビュートアルバムに参加。Remix も多く手がける。
2009 年 11 月には、脚本・三谷幸喜、音楽監督・小 西康陽ミュージカル「TALK LIKE SINGING」に出演、東京・ニューヨーク公演に参加する等、幅広い活動を展開。
2010 年 8 月、1st アルバム「TRI4TH」、翌年 11 月にはカバーアルバム「わらべ JAZZ」をリリース。
2012 年 8 月に新ピアニスト 竹内大輔を迎え、2nd アルバム 「TRI4TH AHEAD」をリリース、渋谷 Duo にてワンマン ライブを成功させる。
2013 年 11 月、初のセルフプロデュースによる 3rd アルバム「Five Color Elements」をリリース。
2015 年 10 月には Playwright より 4th アルバム「AWAKENING」をリリース、タワーレコードの JAZZ 年間セールスチャ ートに発売からわずか 1 ヶ月で 15 位ランクイン。
2016 年 4 月には活動 10 周年を記念するベスト盤を数量・店舗限定でリリースし、話題を集めるも間もなく完売。
そして 9 月 14 日には早くも Playwright 移籍後 2 枚目となるフル・アルバムのリリースが決定!昨今、独自の新たな 境地を切り開きつつある J-JAZZ シーンの中でも実力、経験ともに今が最も旬な要注目ジャズ・バンドである。

(公式サイトはこちら)


AYANAS 4th anniversary LIVE
TRI4TH "HORNS RIOT" TOUR 熊本公演

2017/05/13(sat) at NAVARO[熊本市中央区南坪井町10-1 BF]
■開場/開演 : 19:00 (TRI4TH 21:00〜)
■料金 : 前売 3500円 / 当日 4000円
(要ワンドリンクオーダー/オールスタンディング / 年齢制限なし)
■前売りチケット取扱 : NAVARO / 蔦屋書店熊本三年坂チケットカウンター 他
■お問い合わせ : [AYANAS] 096-324-6944

ご予約はこちらからどうぞ。



*これまでのイベントはコチラ